導入事例

三井住友ファイナンス&リース株式会社 ASTERIAを導入

EAI機能を発揮して、細やかに業務改善する。

三井住友ファイナンス&リース株式会社は、船舶、航空機から設備機器、什器備品まで、要望に応じて調達して賃貸する総合リース業です。2007年10月に住商リース株式会社と合併し、銀行系と商社系が連携した最強の業界トップシェア企業になります。パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社のASTERIA WARP導入第1号のお客さまで、日本語だから利用者の裾野が拡がると喜んでいただいています。

ASTERIA WARP:ノンプログラミングでシステム開発できるミドルウェア インフォテリア株式会社の製品

お客様データ

導入ソリューション・導入商品

1.情報を一元管理して共有化したい。

現行の基幹システムに稼働中の周辺システムを取り込めず、情報を一元管理できない。二重登録による入力ミスや紙での審議をなくし、情報の共有化を図りたい。

2.既存の機器を活用し投資を抑えたい。

いまあるファクスや複合機、ワークフローやデータベースと連携させたいが、複合機メーカーに相談すると億単位の提案が返ってくる。安価で良いツールはないか。

3.営業の事務業務の偏りを改善したい。

営業事務支援業務は、事務員の業務スキルレベルや、業務量に偏りがあり、業務レベルの平準化、業務スピードの向上を図る体制、システム構築を行いたい。

基幹システムと周辺システムの情報の共有化と業務の効率化が図れる仕組みが欲しい。

事務総括部上席部長代理
大橋 明氏

2005年2月頃、三井住友ファイナンス&リース株式会社様(以下、三井住友ファイナンス&リース様)では、基幹システムとは別に数百種のNotes・Accessアプリケーションシステムが稼働していました。一年後に控えた次期基幹システム「SCRUM(スクラム)システム」への移行を前に、NotesやAccess等の周辺システムとの連携が検討されましたが、複雑且つ個別対応であったため、結果として多くが実現されないままで課題として残りました。
また、新基幹システムと併行して、営業の書類作成などインサイドセールス業務を東西に新しく設置するバックオフィスへ集約させる計画も進んでいました。これまで営業事務支援業務は各部店内の事務員に依頼していましたが、各事務員のスキルに頼り、暗黙知となっていることが多く、事務員の異動や退職などの引継ぎの関係で、サービスレベルが一定しづらい弊害もありました。バックオフィスへの事務集中化の一環として、ファクスや複合機の活用も検討項目の一つで、複合機メーカーなどに相談すると、非常に高額な提案が返ってきました。そんな投資は難しく、既存のファクスやPCと基幹システムやNotesなどを連携させて、必要な情報を、データで提供できる仕組みはできないか、という課題が浮上しました。
EAIツールを使ってデータを連携し、処理を連携することでこれらを解決できないかと探していたところ、手頃なEAIツールとして、ASTERIAに白羽の矢が立ったのです。

1.多彩なデータを自動変換して共有化。

さまざまなシステムをASTERIAで連携すれば、情報を共有化でき、二重登録の入力ミスも防げる。

2.開発工期も短く、コスト削減に貢献。

ASTERIAは操作性が良く、既存のフローの流用も簡単で開発工数がかからない。その上、業務の省力化と迅速化、ペーパーレス化が図れ、コスト削減にも貢献。

3.バックオフィスで事務作業を平準化。

営業をサポートするバックオフィスを東西2か所に集約し、営業からの依頼を効率的に配分して請け負う。チーム体制で対応でき、業務を平準化できるようになったのが最大のメリット。

ASTERIAを活用してバックオフィスに事務作業を集約。
業界トップシェアの合併に向かって“WARP”で飛躍する!

三井住友ファイナンス&リース様では2006年4月営業の業務をサポートするビジネスサポートセンターを、東日本と西日本の2か所に設置しました。営業の事務作業を当センターに集約し、効率的にチームでカバーできる体制を組んで、約一万社の取引先との業務の平準化を図っています。
この改革で、営業は見積書などの作成依頼を、ファクスやメールでバックオフィスへ送るようになりました。バックオフィスでは、依頼書がファクス文書でも電子データでも、ASTERIAが取り込んでPDFに自動変換します。ファクス番号や依頼書に記されたコードから部店名や営業担当者、顧客情報などをデータベースから自動的に取り込み、依頼書に貼り付けます。
スーパーバイザーが依頼内容を確認して業務を振り分け、担当者は詳細情報を追記して正式文書に仕上げます。 
2007年3月、三井住友ファイナンス&リース様では、ASTERIAの操作性や機能性のさらなる向上を期待して、ASTERIA WARPへのバージョンアップを完了したばかりです。「WARPは日本語ですから、イメージが湧きやすいですね。開発工期が短く、コストも魅力なので、細かな改善に今後も大いに活用できそうです。」(事務総括部上席部長代理、大橋明さん)
今年10月の合併に向けて、一層きめ細やかな業務改善にASTERIAを役立てていただける予定です。

取材:2007年3月12日

※当サイトに記載された社名および商品名などは、それぞれ各社の商標または登録商標です。
※当サイトの記載内容は取材日時のものです。内容および対象商品については、予告なく変更する場合があります。