仕事を知る

お客様と一緒になって、ITを用いたビジネスや業務プロセスを創り出します

ITを使って、グローバルに展開するパナソニックの全事業をはじめ、多種多様なお客様のビジネスを成功に導くための支援やリードをするのが私たちの仕事です。具体的には、お客様のビジネスに精通し、ITの知識や技術を活用しながら、お客様と一緒になって、ビジネスや業務プロセスを創り出しています。

仕事の流れ~ お客様の声を直接聴き、全ての工程を手掛ける醍醐味があります ~

「1. 2. 3.のフェーズ」では、何をどう実現するかを、お客様としっかり議論することが大切です。真に役立つ仕組みを提供できるかどうかは、ここで決まるといっても過言ではありません。

「4. 5. 6.のフェーズ」では、社内外の多くのITプロフェッショナルが参画します。様々な特徴をもつメンバーとの円滑な協働や、品質・期限・費用を意識したプロジェクトマネジメントも重要です。

グローバル規模のプロジェクトも多く、すべのフェーズにおいて、海外のメンバーとのコラボレーションもあります。
ITを共通の基軸としながら、多様性を尊重して仕事を進めます。(※)

※海外との連携の有無は、担当するシステムによって異なります

パナソニックを動かすITソリューション

パナソニックの製品がお客様に届くまでの一連のプロセスを、私たちのITソリューションが動かしています

「パナソニックの事業」
「ITソリューション」

設計・開発

開発設計
システム

担当者インタビュー

製造

生産管理
システム

担当者インタビュー

物流

SCM
システム

担当者インタビュー

販売

CRM
システム

担当者インタビュー

サービス
(お客様連携)

マーケット
データ分析

担当者インタビュー

データ分析
(IoTデータ・製造データ・マーケットデータ)

担当者インタビュー

ネットワーク

担当者インタビュー

多様な専門性をもつ社員が活躍しています

エントリー者専用サイトに、各メンバーのインタビュー記事を掲載
詳しい業務内容や仕事のやりがいについて語ります。( 採用担当からのメッセージ

ビジネスアーキテクスト

特定分野における高度な業種・業務知識とコンサルティング技法を用いて、お客様の経営戦略への提言・助言やシステム化の企画提案を行い、お客様IT投資やその成果の実現を支援します。

プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネジメント技術を活用しながら、プロジェクトの立ち上げから終結までのプロセスを管理・実施し、リスクマネジメントを行いながら、計画通りにプロジェクトを達成することをリードします。

ITアーキテクト

高度なハードウェア・ソフトウェア技術を活用し、ITアーキテクチャの設計と標準化を通じて、円滑なシステム開発や導入を支援します。また、システムトラブル発生時は技術面でのリーダシップを発揮し、根本原因を究明し、対策を講じます。

サービスマネージャ

サービスマネジメント技術を活用し、システムの保守・改良など、継続的な改善活動を通じてサービスの安定提供を行います。
また、システムトラブルの未然防止や発生時の迅速・確実なサービス復旧を指揮し、お客様からの信頼を守ります。

データサイエンティスト

高度なデータアナリティクス技術と関連業界の深い知識を有し、業務知識やコンサルティング技法を用いて、ビジネスプロセス改善に向けた提言や、事業創造を支援するデータ活用を行います。

営業

お客さまの経営戦略を理解して、ビジネス上の課題解決に向けたITソリューションを提案し、他のエンジニアと協働しながらそれらを実現することで、お客様の満足度の向上と当社ビジネスの成果を目指します。

キャリアイメージ

  • 新入社員は、社会人としての基本やITスキルなど当社事業の基本技術の習得に励みます。その後、各々の配属先で、応用技術やお客様業務知識の修得に取組み、段階的に独力で仕事ができるように成長していきます。
  • その後は、業務を通じて、また研修や自己研鑽をしながら、更なる上位スキルの獲得やお客様業務・業界に精通することで、ITアーキテクト、プロジェクトマネージャなど、いずれかの分野(または複数分野)で専門性を発揮できる人材となります。やがては、社内外に通用し、業界をリードする人材として活躍することを目指します。

※上記は、キャリアのイメージをシンプルに示したものです。

2023年新卒
インターンシップ受付中

スマートフォンからの閲覧

当サイトはスマートフォンからも、最適化表示にて、ご覧いただけます。

スマートフォンサイト

https://is-c.panasonic.co.jp/jp/recruit/spn/

スマートフォンからの閲覧


本ページ上に掲載している個々の商標・標章・ロゴマーク、商号に関する権利は、当社または個々の権利の所有者に帰属します。

また、本ページの内容は発表時のものです。 販売が既に終了している商品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。