トピック

2021年1月8日ホワイトペーパー

データベースの潜在能力を最大限に引き出すコツ

202012_majesty_01.png

「パフォーマンス・チューニング」をしないのは、“もったいない”

データベースの性能を最大限に引き出すには、「パフォーマンス・チューニング」が必要ですが、高度な知識・ノウハウと、多くの分析時間が必要なため、実施できている企業は多くありません。

本資料では「パフォーマンス・チューニング」の知見が無い方でも、簡単に対応策がわかる、アクセスパターン分析ツール『MAJESTY』をご紹介します。

202012_majesty_02.png 202012_majesty_03.png 202012_majesty_04.png

コンテンツ紹介

【1】 「パフォーマンス・チューニング」をしないのは “もったいない

【2】 「パフォーマンス・チューニング」の期待効果

【3】 「パフォーマンス・チューニング」は難しい?

【4】 もっと簡単に「パフォーマンス・チューニング」

【5】 『MAJESTY』のご紹介

【6】 『MAJESTY』の活用ケース

導入事例、イベント・セミナーについてもあわせてご覧ください。このページに関しては、こちらからからお問い合わせください。

※当サイトに記載された社名および商品名などは、それぞれ各社の商標または登録商標です。