トピック

2020年11月17日ホワイトペーパー

Salesforce連携をスムーズに実現!自動化に向けたデータ連携のベストチョイス

Salesforce連携をスムーズに実現!自動化に向けたデータ連携のベストチョイス

Salesforce連携をスムーズに実現!

顧客管理基盤として多くの企業が活用しているSalesforce.com(以下、Salesforce)。
Salesforce を上手に活用するためには、オンプレミスにて構築された基幹システムをはじめ、SaaS などの各種サービスと柔軟に連携しながら、最新の情報がいつでも活用できるような環境づくりが必要です。
周辺システムとの情報の受け渡しを十分考慮しないと、情報更新などに多くの手間と時間がかかるだけでなく、営業部門からの要望に応えるたびに情報システム部門の現場が疲弊してしまう可能性もあります。
そうならないために考えておきたい、Salesforce 活用におけるデータ連携の最善策について、いくつかの手法を見ていきたいと思います。

1030_Salesforce_01.png 1030_Salesforce_02.png 1030_Salesforce_03.png

 

コンテンツ紹介

【1】 Salesforce を活用していくために必要なデータ連携

【2】 情報システム部門の課題

【3】 Salesforce 連携における3 つの手法とその実現性

【4】 「ASTERIA Warp」が持つSalesforce アダプターが最適なワケ

【5】 ASTERIA Warp により享受される多くのメリット

【6】 Salesforce 連携で必要なパートナー選び

コンテンツ制作

 <共同制作>

 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

 アステリア株式会社

関連ソリューション・関連商品

導入事例、イベント・セミナーについてもあわせてご覧ください。このページに関しては、こちらからからお問い合わせください。

※当サイトに記載された社名および商品名などは、それぞれ各社の商標または登録商標です。