商品

Actifio

「いざという時使う」から「いつでも使える」データ管理へ―コピーデータ仮想化

「いざという時使う」から「いつでも使える」データ管理へ―コピーデータ仮想化

ビジネスにITシステムが欠かせない現在。爆発的なデータ増加は、企業にストレージ投資の負担として重くのしかかっています。

「10TBの本番データのために、150TB以上のオンラインストレージやバックアップストレージを準備している」「バックアップデータは置いてあるだけ」―こうした課題解決に有効な手段として近年国内でも注目を集めているのが「コピーデータ仮想化」です。

よりシンプルに、より速く。パナソニックISは、自らの経験とノウハウを武器にデータ管理ソリューションを提案してきた当社ならではの視点を盛り込み、Actifioを用いた「コピーデータ仮想化」というデータバックアップの新しい解をお届けします。

「Actifio」とは

「Actifio」は、コピーデータの仮想化によりストレージ・バックアップの効率化を実現するアプライアンス製品です。

「仮想データパイプライン技術(VDP)」でアプリケーションごとにキャプチャリングしたソースから「ゴールデンコピー」と呼ばれるイメージを作成。重複除外技術を用いてユニークなデータのみを維持しながら複数のアプリケーションに仮想データを提供します。

サーバ・ストレージごとに複雑化したバックアップ手法を大幅にシンプル化するActifioは、ビジネスにおける3つの大きな課題である「障害からの回復」「ニーズへの迅速な対応」「クラウド移行の容易性」を実現します。

「Actifio」の特長

よりシンプルに、より速く、より便利に―データを最大限使いこなすためのソリューション

ラインナップ

Actifioは、バーチャルデータパイプライン技術(VDP)を基盤とするコンポーネントと管理ソフトフェア、拡張機能を提供しています。

「Actifio CDS™」

「Actifio CDS™」は、企業向けの物理アプライアンス。複数ベンダーのストレージをお持ちのお客様をはじめとした大規模な環境で、仮想データパイプライン(VDP)のソリューションを提供します。
多様なアプリケーション、ホストOS、ストレージに対応。システム当たり数百テラバイトにも及ぶデータを管理し保護するように設計されています。

「Actifio Sky™」

「Actifio Sky™」は、 「Actifio CDS™」のソフトウェアバージョン。主要なアプリケーション・OSに対応。インストールも数分で完了します。データセンター、リモートオフィス、支店、クラウド環境など、さまざまな環境におけるデータ仮想化のニーズにお応えします。

パナソニックIS 東京オフィスでActifioによるDRを体験!
~デモサイトのご案内~

「Actifio CDS™」「Actifio Sky™」を用いたDR(ディザスタ・リカバリ)のデモサイトをパナソニックIS東京オフィスに設置しました。
バックアップ・ストレージの効率化はもちろんのこと、開発・検証環境での活用に、そしてDRにと、Actifioのさまざまな機能・特長を実際に体験していただけます。
商品についてのご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
導入事例、イベント・セミナーについても合わせてご覧ください。

※当サイトに記載された社名および商品名などは、それぞれ各社の商標または登録商標です。