商品

よくあるご質問

よくあるご質問

ASTERIAに関する、よくある質問をまとめています。
商品ご購入後の技術支援は、当社のASTERIA専用サポートデスクで対応しています。

商品について

ライセンスについて

動作環境について

ソリューションについて

商品について

Q1: 「ASTERIA Warp」とは何ですか?

「ASTERIA Warp」は、データ・システムの連携を行うソリューションを構築するための商品です。ノン・プログラミングでWebブラウザから簡易にデータ・システム連携を行う「パイプライン機能」。また、ノン・コーディング、GUIベースの開発ツールで簡単なものから複雑なものまでより幅広いデータ・システム連携を行う「フロー機能」。そして、特定のシステムやアプリケーションとの連携を簡単にするための「オプション商品」などから構成されています。
ユーザーの皆さまは、御社で必要なデータ・システム連携のソリューションをご依頼ください。
「ASTERIA Warp」を利用して、ご希望のソリューションを構築させていただきます。

※開発スピード、コスト削減、導入後の機能変更への柔軟性など、「ASTERIA Warp」を利用することでソリューションの有効性はますます高まります。
どうぞ、お気軽にご相談ください。(お問い合わせ)

Q2: 「ASTERIA Warp」のパイプライン機能とは何ですか?

ノン・プログラミングでWebブラウザから簡易にデータ・システム連携を行う機能です。Webブラウザから3ステップのチュートリアル形式で、データ・システム連携を簡易に行う開発ツール(パイプラインコーディネーター)とそのパイプライン(実行プログラム)を実行する実行環境(パイプラインサーバ)から構成されます。
通常、システム構築の際、サーバ機にソフトウェアとしてインストールし、ご利用いただきます。
ブラウザ経由でパイプライン作成画面や管理画面にアクセスし、サーバの設定・管理を行えます。

Q3: 「ASTERIA Warp」 のフロー機能とは何ですか?

ノン・プログラミング、GUIベースの開発ツールで、簡単なものから複雑なものまで、より幅広いデータ・システム連携を行う機能です。GUIベースのノン・プログラミング環境でシステムを開発するための開発ツール(フローデザイナー)と、そこで設計されたフロー(実行プログラム)を実行する実行環境(フローサーバ)から構成されています。
フローデザイナーは通常、システム開発者のPCにソフトウェアとしてインストールしてご利用いただきます。GUI(Graphical User Interface)を用いた、直観的で可視化されたシステム設計を可能としています。

Q4: 「ASTERIA Warp オプション商品」とは何ですか?

「ASTERIA Warp」上で動作するオプション機能を付加するためのアダプターです。特定のシステム・アプリケーションによりダイレクトに簡単に接続いただける機能を提供しています。

  • ASTERIA Warp EXCEL アダプター
  • ASTERIA Warp LDAP アダプター
  • ASTERIA Warp Notesアダプター(Windows版のみ)
  • ASTERIA Warp WebMacro
  • ASTERIA Warp XBRL
  • ASTERIA Warp 全銀TCPIP(Windows版のみ)
  • Salesforceアダプター
  • Windows Azure アダプター

Q5: 「ASTERIA Warp」と「ASTERIA Warp Lite」の違いは何ですか?

「ASTERIA Warp Lite」は「ASTERIA Warp」のノン・プログラミングでWebブラウザから簡易にデータ・システム連携を行う「パイプライン機能」に特化した商品です。また、ご購入いただく際にお客さまの要件に合わせて必要なアクションといわれる機能を選択していただくことが可能であり「ASTERIA Warp」に比べて非常に低価格(70万円?)から導入をご検討いただけます。

ライセンスについて

Q1: 「ASTERIA Warp」のライセンス体系を教えてください。

基本商品ライセンスでは物理CPU数(Dual-Core、Hyper Threadなどには非依存)が1?2の場合に対応しています。ハードウェアのCPU数が3以上の場合は、別途追加CPUライセンスが必要となります。また、ASTERIA WarpがインストールされるマシンがFT(フォールトトレラント)サーバの場合は、冗長構成部分のCPUをホットスタンバイライセンスとしてカウントします。

※価格についてはお問い合わせください。(お問い合わせ)

Q2: 「フローデザイナー」のライセンス体系を教えてください。

Standard Editionの場合5クライアントまで、EnterpriseEditionの場合10クライアントまでの開発者用マシンへ「フローデザイナー」をインストールする権利が包含されています。また、5クライアント単位の追加ライセンスもあります。

Q3: 「パイプライン機能」と「フロー機能」「フローデザイナー」などはセットでないと購入できないのですか?

ASTERIA Warpには「パイプライン機能」、「フロー機能」、「フローデザイナー」がすべて含まれています。また簡易なデータ・システム連携であれば、ASTERIA Warp Liteを購入いただくことで「パイプライン機能」のみのご利用が可能です。

Q4: 「ASTERIA Warp」のライセンスファイルの取得方法について教えてください。

「ASTERIA Warp」では、動作時にライセンスファイルが必要です。 ライセンスファイルの取得方法については、ご購入の際に個別にご案内します。

Q5: ロードバランシングライセンスとは何ですか?

「ASTERIA Warp」がインストールされるハードウェアやオペレーティングシステムなどの負荷を軽減するために、負荷分散装置などを使用することでサーバを並列構成にて同等の処理を稼働させる構成を指します。また、ロードバランシングライセンスは、その際の負荷分散サーバにのみ適用することができます。本ライセンスの適用については、同一システムにおいて1以上の標準ライセンスを保有していることが前提です。また、標準ライセンスと同様に初年度から本体価格の15%が適用されるメンテナンスサービスが設定されています。

Q6: ホットスタンバイライセンスとは何ですか?

「ASTERIA Warp」がインストールされるハードウェアやオペレーティングシステムなどの破損に備えて、HAクラスタを構成するためのライセンスです。「ホットスタンバイ」とは、本番機に障害が発生した場合クラスタ対応ソフトウェアなどにより、自動的に予備機へと切り替えられる構成を指します。また、切り替えが手動で行われる場合は「コールドバックアップ」が適用されます。本ライセンスの適用については、同一システムにおいて同数以上の標準ライセンスを保有していることが前提です。また、標準ライセンスと同様に初年度から本体価格の15%が適用されるメンテナンスサービスが設定されています。

Q7: ステージングサーバライセンスとは何ですか?

「ステージングサーバ」とは「ASTERIA Warp」の実運用に先立って、本番系と並列に運用する開発・テストが目的のサーバを指します。社内外の接続テストで利用できますが、本ライセンスを適用したサーバによる実業務は許可されません。本ライセンスの適用については、同一システムにおいて同数以上の標準ライセンスを保有していることが前提です。また、標準ライセンスと同様に初年度から本体価格の15%が適用されるメンテナンスサービスが設定されています。

Q8: コールドバックアップとは何ですか?

「コールドバックアップ」とは「ASTERIA Warp」がインストールされるハードウェアやオペレーティングシステムなどの破損に備えて、予備機に事前に「ASTERIA Warp」をセットアップすることを指します。本番機に障害が発生した場合、ASTERIAがインストールされた予備機を手動で起動し、切り替えます。「ASTERIA Warp」では、「コールドバックアップ」用に、お客さまが購入したサーバライセンス数と同数までのバックアップ機を構築することが許諾されています。

Q9: 評価ライセンスとは何ですか?

導入前の評価および検証に用いる一時評価用ライセンスで、1ヵ月間の期間限定です。特別な場合を除いて期間終了後に失効します。運用を想定していないため通常のサポートサービスは受けられません。
なお、実際に操作を体験していただく場として、ハンズオンセミナーを開催しておりますので、ぜひご利用下さい。

※評価版利用のお申し込みは、お問い合わせください。Salesforceアダプター無料試用版お申し込み(ダウンロード)

動作環境について

Q1: 「ASTERIA Warp」の動作環境について教えてください。

動作環境については「動作環境・仕様」をご確認ください。

ソリューションについて

Q1: UNIXサーバでも「ASTERIA Warp」のPDF機能は使えますか?

共通で使えるフォントをご利用いただければ使用可能です。
PDF機能は「フローデザイナー」で定義する際に使用したフォントが、「フローサービス」が起動しているサーバ上にもあることが前提となります。そのため、例えば「MSゴシック」などを使った場合にはUNIXサーバでは同じフォントがないため実行できません。

Q2: Webサービスに対応していますか?

RPCタイプのSOAPおよびWSDLに対応しています。
ドキュメントリテラルのSOAPやUDDIには現時点では対応していません。

Q3: WebMacro OptionはすべてのWebサイトに対応していますか?

JavaScriptを多用している場合や目的とするデータがJavaアプレットで表示される場合、ファイル名が不規則に変更されるような場合など、 WebMacroでは対応できないサイトがあります。事前にサイト検証サービスを受けていただくことをお願いします。

Q4: Salesforce以外のSaaSサービスと接続できますか?

個別APIが公開されていれば可能です。

Q5: ASTERIAからFAX送信できますか?サイズは?

サイズはA4とB4が利用できます。

商品についてのご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
導入事例、イベント・セミナーについても合わせてご覧ください。

※当サイトに記載された社名および商品名などは、それぞれ各社の商標または登録商標です。