商品

Digital Guardianの利用例

Digital Guardianの利用例

Digital Guardianの利用例

Digital Guardianの制御ルールは、数百種類の条件を組み合わせて設定することができます。データの機密性や組織のポリシーに応じて、決め細やかなルール設定ができるため、必要以上に業務を妨害することなく、守るべきデータを適切に保護します。

Active Directoryと連携して、ユーザーグループやOU(組織単位)ごとの制御設定も可能です。

■社内重要データに対する制限

フォルダ単位で異なるセキュリティ区分を設定

【許可】

  • 一般フォルダから重要フォルダへのファイル移動
  • 一般フォルダから社外への持ち出し

【禁止】

  • 重要フォルダから一般フォルダへのファイル移動
  • 重要フォルダから社外への持ち出し

社内ポータル上のコンテンツ閲覧制限

【許可】

  • 社内ポータルコンテンツの指定フォルダへの保存
  • 社内ポータルコンテンツの閲覧(IEキャッシュ保存)

【禁止】

  • 社内ポータルコンテンツのローカル上への保存
  • 社内ポータルコンテンツのIEキャッシュからの持ち出し

CADファイルの社外持ち出しルールを徹底

【許可】

  • Officeファイル等のOAファイルの社外への持ち出し

【禁止】

  • CADファイルの社外への持ち出し

CADファイル形式の偽装による制限回避を防止

【許可】

  • Officeファイル等のリネームによる拡張子変更
  • Officeファイル等の別名保存によるファイル形式変更

【禁止】

  • CADファイルのリネームによる拡張子変更
  • CADファイルの別名保存によるファイル形式変更

個人情報を含むファイルを自動判別

【許可】

  • 製品カタログ等の公開ファイルの社外への持ち出し
    (ただし社外への持ち出し操作はしっかりログに記録)

【禁止】

  • 個人情報を含むファイルの社外への持ち出し

■外部記憶媒体に対する制限

私用USBメモリの利用制限

【許可】

  • 会社支給の登録済みUSBメモリの使用
    (ファイル持ち出しが必要な許可PCに限る)

【禁止】

  • 未登録の持ち込み私用USBメモリの使用
  • 未許可PCによるUSBメモリの使用

外部媒体への安全な書き出し(自動暗号化)

【許可】

  • 一般ファイルのUSBメモリへの書き出し
    (書き出し時は自動的に暗号化)

【禁止】

  • 機密ファイルのUSBメモリへの書き出し

不正プログラム(マルウェア等)の侵入防止

【禁止】

  • 外部記憶媒体内の実行ファイルの直接実行
  • 外部記憶媒体内の実行ファイルのローカル保存

■コミュニケーションツールの活用におけるセキュリティ強化

社内コミュニケーショーンツール以外の利用制限

【許可】

  • 許可された社内標準ツールの起動

【禁止】

  • 許可されていない社内標準外ツールの起動

社内コミュニケーショーンツールでのファイル共有制限

【許可】

  • 社内標準ツールによる通話やIMの利用

【禁止】

  • 社内標準ツールによる機密ファイルの転送
    (一般ファイルの転送は制限なし)

Webカメラの使用可能アプリケーションを制限

【許可】

  • 許可された社内標準ツールのWebカメラ使用

【禁止】

  • 許可された社内標準ツール以外のWebカメラ使用

■e-Work(在宅勤務等)におけるセキュリティ強化

社内ネットワーク接続時

【許可】

  • 社内ネットワーク接続時は制限なし

社外ネットワーク接続時(e-Work等)

【許可】

  • 許可されたクラウドサービスの利用
  • 社内ファイルサーバへのアクセス(VPN経由の場合のみ)

【禁止】

  • 許可サービス以外のWebアクセス
  • 自宅ネットワークドライブへのアクセス
  • 外部記憶媒体へのファイル保存/プリンタへの印刷

商品についてのご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
導入事例、イベント・セミナーについても合わせてご覧ください。

※当サイトに記載された社名および商品名などは、それぞれ各社の商標または登録商標です。