商品

Oracle Exadata Database Machine

Oracle Exadata Database Machineの特長

Oracle Exadata Database Machineは、データベースの統合ソリューションを実現するデータベースサーバです。
従来のデータベースシステムでボトルネックとなっていたストレージのI/Oについて、演算機能やデータキャッシュを分散して効率化することで、高速な処理を実現。データベース処理のボトルネックを徹底的に排除し、システムとして桁違いのスループットを実現しました。

並列処理

可用性・拡張性に優れたDatabase GridとStorage Gridで構成。DBサーバ層およびストレージ層をグリッド化し並列処理を行うことで高速を実現しています。

高速バンド

40Gbの高速転送InfiniBandの採用により、I/Oネックを減少。CPUを最大限に活かす高帯域データ転送を実現しました。

ストレージと連携処理

インテリジェントなストレージサーバ側でデータを抽出して選別。必要なデータのみを転送し、高速に処理します。

高い圧縮効率

最大50倍のHybrid Columnar Compressionユニットを用い、列単位でデータを管理することで、高い圧縮効率を実現しています。

オンメモリでI/O削減

プログラムにより透過的 Storage Indexを作成。表データのサマリ情報をメモリ上で管理することで、不要なI/Oを削減しました。

フラッシュ・キャッシュで高速化

磁気ディスクより30倍速いSmart Flash Cacheを採用。利用頻度の高いデータをフラッシュストレージに自動キャッシュすることで、高速化しています。

日本オラクル株式会社
当社は日本オラクル株式会社のゴールドパートナーです。

※OracleとJavaは、Oracle Corporation およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。

商品についてのご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
導入事例、イベント・セミナーについても合わせてご覧ください。

※当サイトに記載された社名および商品名などは、それぞれ各社の商標または登録商標です。