商品

FUJITSU Integrated System Cloud Ready Blocks

FUJITSU Integrated System Cloud Ready Blocks

ファブリックコンピューティングとは

ファブリックコンピューティングとは、CPUやメモリ、ストレージなどのICTの構成要素を多数配置し、それぞれの間を高速なインターコネクトで結合することで、構成がオンデマンドで柔軟に変更できるシステム・アーキテクチャです。リソースをプールしておくことから資源プール化アーキテクチャとも呼ばれています。
必要とする機能や性能に応じて、リソースを切り出すことでシステムが構成できるため、さまざまなニーズに合わせたクラウド環境を柔軟に提供できます。

ファブリックコンピューティングを実現するPANテクノロジー

ファブリックコンピューティングのコンセプトを独自のハードウェア上で提供してきたものに、Egenera(イージェネラ)社のPAN(Processing Area Network)があります。当社は2004年から、ユーザーとしてPANを導入し、基幹システムである受発注システムのオープンシステム化に全面採用。現在では、PANの優れた構築/拡張の容易性と徹底した冗長化による可用性を活かし、国内最大級のユーザーとなっています。
イージェネラ社は、2009年”PAN Everywhere”を掲げ、これまでハードウェアと一体としてきたPANを他メーカーのサーバに搭載できるようにアーキテクチャを変更。現在は、PAN上であればあらゆるメーカーのサーバにシステムが移動可能な「マルチPAN」が実現されています。これにより、マルチベンダ環境下における真の仮想化が実現できるようになりました。

お客さまのBenefit

仮想化技術の進歩は、コンピューティングリソースや運用管理の最適化などデータセンターの変革をもたらしています。それらを実現する機能を有する「垂直統合システム」の導入は、運用工数・コストの大幅な削減(コスト最適化)やシステムの可用性と信頼性の向上、ビジネスの状況に応じたシステムリソースの柔軟、迅速かつ簡単な変更を可能とし、企業競争力の向上に貢献します。

FUJITSU Integrated System Cloud Ready Blocksとは

FUJITSU Integrated System Cloud Ready Blocks (以下、FUJITSU Cloud Ready Blocks) は仮想化統合基盤・プライベートクラウド基盤として必要なハードウェア、ソフトウェア、サービスを統合した垂直統合パッケージです。

FUJITSU Cloud Ready Blocks の特長

1.実績に基づく安心の標準構成

将来的な拡張性、耐障害性を考慮して設計された構成パターン
実践で培ったシステムの設計・導入から運用に至るまでのノウハウを凝縮した構成パターンをご提供します。

2.構築済みシステムによる短期導入

構築・検証済みのシステムを短期間で納入、すぐに利用可能
あらかじめ設計、検証された構成を工場で構築・基本設定してご提供。短期間での導入が可能です。

3.運用負荷を軽減する管理機能

実践で培った仮想化・クラウド技術、運用ノウハウを結集した管理機能を提供
ICTライフサイクル全般にわたり運用を効率化し、システム管理者の負担を軽減します。

FUJITSU Cloud Ready Blocks のラインナップ

小規模な仮想化集約から、大規模なプライベートクラウド構築まで、お客さまのシステム要件に応じて幅広いニーズにお応えします。

※VM 数は 1VM あたり、CPU:1.3GHz/1 コア、メモリ:4GB、HDD:100GB を割り当てた場合で算出した値になります。

※Cloud Ready Blocksおよびその主な構成品(PRIMERGY、ETERNUS等)は富士通株式会社の商品です。

用語集

  • システムリソース:CPUやメモリなどシステムを構成する要素のこと。
  • リソースプール:リソースの集合体
  • ICTライフサイクル:ICT環境(システムなど)の計画、導入、運用、廃棄までの一連の流れ
  • ICT:コンピュータ、ネットワークなどの情報通信分野に関する技術、設備、サービスなどの総称
  • システム:ハードウェア、ソフトウェアなどを組み合わせて、何らかの機能を実現する仕組み
商品についてのご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
導入事例、イベント・セミナーについても合わせてご覧ください。

※当サイトに記載された社名および商品名などは、それぞれ各社の商標または登録商標です。