商品

Sophos UTM

Sophos UTMとは

包括的なネットワークセキュリティを提供

Sophos UTMはファイアウォールだけでは防ぐことのできない脅威を統合的にブロックします。
アンチウイルスベンダーによるUTMで、ファイアウォール機能を中心にWebやメールのセキュリティ機能はもちろん、クライアントアンチウイルスの管理までもが、これ1台で実現できます。


UTM (Unified Threat Management:統合脅威管理)とは
1990年代、インターネットからの攻撃を遮断するためにファイアウォールが導入され始めました。当時の主な攻撃はクラッキングでした。
2000年頃になると、インターネットの発展と同時に、ウイルス・スパイウェアなど、さまざまなセキュリティ脅威が増大し、ファイアウォールでは防ぎきれなくなり、個々のセキュリティ製品で個別に対応するようになりました。しかし、管理面/コスト面から1つに統合する動きが出始めます。これらのファイアウォールをベースに、さまざまなセキュリティ機能を持ち合わせた機器を総称して、UTMと呼ぶようになりました。

製品構成

Sophos UTMは、ネットワークの基本のファイアウォール機能を中心に多彩なセキュリティ機能を搭載しています。

3つの導入モデル

導入モデルは3パターンご用意しております。Sophos UTMはLinuxベースに開発されており、専用ハードでも、一般サーバ(物理/仮想問わず)上で動作させる形でもご提供可能です。

ハードウェアアプライアンス

専用ハードでのご提供です。

ソフトウェアアプライアンス

Intel互換サーバへ搭載してのご提供です。

バーチャルアプライアンス

仮想サーバへ搭載してのご提供です。

関連情報

パナソニックの動画ポータルから注目の商品を動画でご紹介(チャンネル パナソニック)

商品についてのご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
導入事例、イベント・セミナーについても合わせてご覧ください。

※当サイトに記載された社名および商品名などは、それぞれ各社の商標または登録商標です。