会社情報

沿革

当社のこれまでの歩みを紹介します。

平成11年(1999年)

2月 松下電工株式会社の100%出資子会社として「松下電工インフォメーションシステムズ株式会社」を設立

平成13年(2001年)

7月 株式を店頭(ジャスダック)に上場

平成14年(2002年)

8月 沖電気工業と共同出資で、位置情報サービス子会社として「NAISロケーションシステムズ株式会社(パナソニック電工ロケーションシステムズ株式会社、旧 連結子会社)」を設立

平成15年(2003年)

12月 株式を東京証券取引所市場第二部に上場

平成16年(2004年)

11月 株式を東京証券取引所市場第一部銘柄に指定

平成19年(2007年)

10月 ヴイ・インターネットオペレーションズ株式会社(現 連結子会社)を子会社化

平成20年(2008年)

10月 パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社に社名変更

平成21年(2009年)

2月 M・NES株式会社の全事業をパナソニック電工ネットソリューションズ株式会社(パナソニック ネットソリューションズ株式会社、現 連結子会社)が譲受

平成22年(2010年)

3月 パナソニック電工ロケーションシステムズ株式会社を合併

平成24年(2012年)

7月 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社に社名変更

平成27年(2015年)

2月 三洋信息系統(上海)有限公司(現 連結子会社)を子会社化、松下信息系統(上海)有限公司に商号変更
8月 株式交換により、パナソニック株式会社の完全子会社化
10月
パナソニック株式会社コーポレート情報システム社の事業を譲受

同社の沿革

平成12年(2000年)
4月 松下電器産業株式会社(現在のパナソニック株式会社)の社内分社として設立
平成18年(2006年)
8月 情報システムにおけるリスクマネジメント強化の一環として、コーポレートデータセンターを設立
平成19年(2007年)
11月 地域統括会社傘下のITシェアードサービスの社内分社としてアジア地域拠点(コーポレート情報システム社 アジアパシフィック)を設立し、情報システム部門のグローバル連携強化を開始
以降、平成27年までに全11の地域拠点を設立
平成20年(2008年)
6月 IT Japan Award 2008 グランプリ受賞
平成26年(2014年)
7月 パナソニック株式会社は、情報システム子会社であるパナソニックITソリューションズ株式会社の全株式を富士通株式会社へ譲渡
パナソニックITソリューションズ株式会社は、富士通ITマネジメントパートナー株式会社に商号変更
コーポレート情報システム社は、アプリケーション及びインフラ構築・運用業務を、日本アイ・ビー・エム株式会社及び富士通ITマネジメントパートナー株式会社に移管
平成27年(2015年)
10月 全事業をパナソニック インフォメーションシステムズ株式会社へ譲渡